髭の医療脱毛とは?

脱毛コラム

COLUMN

髭の医療脱毛とは?部位ごとに紹介

髭の医療脱毛は一般的に「もみあげ・ほほ・鼻下・あご・あご下・首」の範囲を照射します。
髭の医療脱毛を受けると、自己処理の頻度を減らせるといったメリットが得られます。頻繁に自己処理する手間が省けるので、時間を有効的に使うことができますね。その他にも顔の清潔が保たれるなど衛生的にも嬉しい効果が期待できます。髭が少ないと見た目の清潔感もより高まります。そのため、髭の医療脱毛は学生や社会人の方など幅広い年代から人気の高い部位になっています。

もみあげの医療脱毛

もみあげの医療脱毛では耳横のうぶ毛を照射していきます。ただ、もみあげ脱毛の範囲はその人の毛の生え方によって異なります。照射範囲が気になる方は、カウンセリング時に相談してみましょう。もみあげを脱毛すると、輪郭がはっきりして顔をシャープに見せる効果が期待できます。その他に、汗が蒸れにくくなるので、顔周りを清潔に保てるといったメリットも得られます。もみあげ脱毛では基本的にもみあげのデザインをスタッフの方と相談して決めることが可能です。脱毛後に後悔することが無いように、慎重にデザインを選ぶようにしましょう。

頬の医療脱毛

頬の医療脱毛は一般的に頬骨の髪の生え際からほうれい線までの範囲を照射します。頬は髭脱毛の中でも特に範囲が広い部位です。そのため、頬のムダ毛が無くなることで清潔感のある爽やかな印象を与えることができます。さらに、肌トラブルを軽減する効果も期待できます。頬は毛穴詰まりからニキビなどの炎症が起こりやすい箇所です。頬の脱毛をすると毛穴が引き締まるので、毛穴に雑菌が溜まりにくくなります。

鼻下の医療脱毛

鼻下の医療脱毛は鼻の下から上唇まで、横はほうれい線の内側までの範囲を照射します。鼻下の医療脱毛を受けることで清潔感がアップする他、自己処理による肌トラブルも予防することができます。鼻下の髭をあえて少し残して、おしゃれを楽しみたい方もいるのではないでしょうか。鼻下の髭はデザインを決めて照射できるクリニックがほとんどです。もちろん、鼻下の髭を全て無くすこともできます。ただ、鼻下の髭脱毛のデザインを決める際は慎重に判断しましょう。完全に髭をツルツルにしてしまうと元に戻すことは不可能に近いので注意が必要です。あらかじめスタッフの方に希望の量やデザインを伝えておくことをおすすめします。

あご・あご下の医療脱毛

あご全体の医療脱毛は「あご・あご下」と照射範囲が分かれているクリニックが多いです。基本的に「あご」脱毛の照射範囲は唇の下からあご先までの部分です。「あご下」脱毛ではあごのラインから喉ぼとけ下までを照射します。
あご髭を朝に剃っても夕方にはまた生えてきている…なんて方も多いのではないでしょうか。あごの医療脱毛をすると毛が生えにくくなるので、あご髭がすぐに生えてくるといったお悩みを払拭することができます。また、あご周りの清潔を保てるという衛生的にも嬉しい効果が期待できます。

首の医療脱毛

首の医療脱毛は一般的に喉ぼとけの下から鎖骨までの範囲を照射します。首脱毛をすると自己処理による肌トラブルを軽減させることができます。首の髭をカミソリなどで処理している方も多いのではないでしょうか。首は凸凹していて処理がしにくい上に、顔よりも皮膚が薄い部位です。カミソリでの処理は出血などのリスクあるので注意しましょう。毛抜きでの処理もニキビなどの炎症が生じやすくなります。そのため、首髭の処理は医療脱毛でプロの看護師の方にお任せすることをおすすめします。

髭医療脱毛は青ヒゲにも効果はある?

医療脱毛は青ヒゲを解消する効果が期待できます。そもそも青ヒゲとは肌の内部に残った髭の断面が皮膚から透けて青く見えることです。髭は1本1本がしっかりしているので、剃ることでより太く、濃く見えてしまいます。髭の深剃りや抜くなどの好意はかえって青ヒゲを濃くする恐れがありますし、一時的に目立たなくするための手段にすぎません。そのため、青ひげを解消するには毛根から対処する必要があります。
医療脱毛では毛根からしっかりと対処することが可能です。医療脱毛は毛根付近の発毛組織に直接レーザーを照射していきます。髭の量を少なくしつつ、新しい毛が生成されるのを防ぐ効果が期待できます。ですので、髭が徐々に薄くなり、髭の断面が肌から透けて青ヒゲとなる恐れが軽減されると言われています。

髭医療脱毛の効果・回数

髭の医療脱毛に必要な回数には個人差があると覚えておきましょう。その人の毛質や毛量によって脱毛回数は差が出てきます。また、どのくらいまで髭の脱毛効果を実感したいのかによっても回数は異なります。髭を完全にツルツルになくしたい方は当然多めの回数を選択する必要があるでしょう。万が一、脱毛回数を自分で決められない場合はカウンセリング時に相談してみることをおすすめします。その際に自分がどのくらい髭を脱毛したいか、希望のデザインなどを詳しく伝えると良いでしょう。
ただ、髭の医療脱毛は基本的に数回にわたって受ける必要があります。1回の照射で高い脱毛効果を実感することがあるかもしれません。しかし、それは一時的なものであって、数週間後には髭が生え始めることがほとんどです。ですので、髭の医療脱毛は回数を重ねる必要があると覚えておきましょう。

髭医療脱毛の痛み

髭医療脱毛は痛みを感じやすい傾向にあります。髭脱毛の中でもとくに痛みを感じやすい部位は鼻下、あご、その次に頬だと言われています。医療脱毛で扱う脱毛器は黒いものに反応する仕組みです。とくに髭はしっかりとした太い毛が密集しているので、照射時の痛みを感じやすくなります。ただ、痛みの感じ方には個人差がありますし、その人の毛質や毛量によっても異なることを覚えておきましょう。
また、医療脱毛時の痛みはゴムではじかれたような「パチッ」とした痛みだと言われています。我慢できないほどの痛みではないので、脱毛時の痛みを過剰に心配する必要はないでしょう。万が一、痛みに耐えられるか不安という方には麻酔を使用する選択肢もあります。麻酔を使用することで、脱毛時の痛みを軽減することが可能です。麻酔を無料で提供しているクリニックもあるので、クリニックを選ぶ際は確認してみると良いでしょう。

髭医療脱毛の料金相場

髭医療脱毛の料金はプランや回数によって異なります。ただ、部位ごとに選ぶよりも髭全体や全身脱毛などセットになっているプランの方がよりお得に医療脱毛を受けることができるでしょう。特に髭は頬、あごなど細かいパーツに分類されていることがほとんどです。あごだけ脱毛しても、頬や顎先に髭があると、かえって残っている髭が悪目立ちしてしまうなんてことも。後から脱毛部位を追加すると、結果的に料金が高くなる恐れもあります。
また、髭だけでなく腕や脚など他の部位の脱毛を考えている方は全身脱毛がおすすめでしょう。全身脱毛はキャンペーンを行っているクリニックが多いです。コストパフォーマンス良く医療脱毛をしたい方は全身脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

髭医療脱毛はニキビがあってもできる?

髭医療脱毛は部分的なニキビであれば脱毛できることがほとんどです。治りかけのニキビやニキビ跡でも基本的に脱毛を受けられます。ただ、ニキビがひどく炎症を起こしている場合やニキビが広範囲にできている場合は脱毛をお断りすることもあります。炎症を起こしているニキビにレーザーで刺激を与えるとニキビが悪化してしまう恐れがあるためです。万が一、ニキビができていて脱毛を受けられるか心配な場合はカウンセリング時にスタッフの方に相談してみると良いでしょう。
髭周辺は顔の中でもとくに皮脂腺が多く、乾燥しやすいので、非常にニキビができやすい箇所です。乾燥した状態で髭剃りを頻繁に行うと、肌のバリア機能が低下しやすくなります。ニキビを悪化させる原因になるので注意しましょう。

自己処理や美容脱毛より医療脱毛がおすすめ

髭はとくに目立つ箇所なので、カミソリなどで自己処理をする方も多いのではないでしょうか。自己処理はニキビなどの炎症を起こすリスクが高いので注意しましょう。カミソリを用いた自己処理は肌のバリア機能低下につながります。肌表面の角質層も一緒に削りとってしまい、肌内部の水分が逃げてしまうからです。リスクの高い自己処理は控えて髭脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。
髭脱毛は美容脱毛よりも安全性の高い医療脱毛がおすすめです。医療脱毛を提供しているクリニックは医療機関なので、国家資格を持つ看護師の方が施術を行います。さらに、医療脱毛は医師の方も在籍していることも特徴です。そのため、万が一肌トラブルが生じた場合はすぐに対処してもらう事ができます。一方、美容脱毛は医療機関ではないので、肌トラブルなどが起きた際にすぐに対応してもらうことが難しいでしょう。安心安全に髭の脱毛をしたい方は医療脱毛がおすすめです。

髭医療脱毛の準備やアフターケアは?

髭医療脱毛の準備として、脱毛当日の朝は髭のシェービングを行いましょう。クリニックによっては施術の際に髭が生えていると「除毛料」として追加料金が発生することもあります。すぐに髭の生えてくる不安がある方は脱毛予約の数時間前に髭剃りを行うと良いでしょう。先述の通り、カミソリを用いた髭剃りは肌トラブルのリスクが高まります。ですので、髭剃りの際は肌への負担が少ない電気シェーバーの使用をおすすめします。
また、髭医療脱毛後は施術箇所の保湿を行いましょう。脱毛後の肌は熱ダメージで非常に乾燥しやすくなります。低刺激の化粧水や乳液をたっぷりと用いて、肌に潤いを与えましょう。脱毛後の肌トラブルを回避することにもつながります。その他に、脱毛後は日焼け対策も大切です。脱毛後の肌は敏感になっています。ですので、日焼け止めを塗るなど
して、皮膚に紫外線の刺激を与えないように心がけましょう。

まとめ

髭の医療脱毛を受けると頻繫な髭剃りの手間を軽減することができます。さらに、脱毛で髭付近が綺麗になることで清潔感や印象がアップすることも。その他にも、毛穴に汚れが溜まりにくくなり、髭付近の清潔を保てるといった衛生的な面から嬉しい効果も期待できます。
髭を少なくしたい、髭付近の肌トラブルを改善したいという方は髭の医療脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。
※このコラムは一般的な脱毛についての内容を掲載しています。当院の内容と若干の違いがある可能性がございますのでご了承ください。
無料カウンセリング予約
  • マイページ
  • クリニック一覧