Oライン(肛門)の医療脱毛とは?痛みや回数について解説

 

oラインの医療脱毛とは

COLUMN

意外と希望者が多いのが、男性のOライン(肛門)の医療脱毛です。脱毛をしたいけど、デリケートな部分のため恥ずかしいという人も少なくありません。しかし、Oライン(肛門)の医療脱毛にはさまざまなメリットがあることを知っておきましょう。

メンズのOライン(肛門)医療脱毛とは?

メンズのOライン(肛門)の医療脱毛ですが、これは肛門周辺の限られた部分の医療脱毛を指します。おしり全体の脱毛とは別なので注意しましょう。
よくデリケートゾーンをまとめてVIOラインと言いますが、そのうちのひとつがOライン(肛門)です。VIOラインの中でもっとも範囲が小さい場所になっています。自分ではムダ毛の処理が難しい場所になっているため、医療脱毛できれいに処理したいという人が増えています。

メンズのOライン(肛門)脱毛のメリット

まずは、Oライン(肛門)脱毛の施術を受けるとどのようなメリットが考えられるのかを見てみましょう。Oライン(肛門)脱毛は、その他の場所の脱毛に比べて施術を受けるのが恥ずかしい場所ではあるものの、さまざまなメリットが得られます。

Oライン(肛門)が衛生的になる

まず、Oライン(肛門)を衛生的に保てるというメリットが挙げられます。トイレの際に用を足したあと、ムダ毛のせいで何度も何度も拭き取る経験をした人は多いのではないでしょうか。このせいで肌を傷つけてしまったり、痔になってしまったりした人も少なくありません。また、VIOラインは毛があると蒸れやすいため、かゆみなどの症状があらわれる人もいるでしょう。
Oライン(肛門)脱毛をしておけばこうした肌トラブルを抑えられ、いつでもOライン(肛門)を衛生的に保てるようになります。

Oライン(肛門)が綺麗に見える

もうひとつは、脱毛の施術を受けるとOライン(肛門)が綺麗に見えるというメリットです。Oライン(肛門)は自分自身で直接見ることは難しいものの、温泉やプールの着替えなどで人に見えてしまうことがあります。自分では気づかなくても、実はとても毛が濃い状態だったらと思うと、恥ずかしくてなかなかレジャーを楽しめない人もいるでしょう。
Oライン(肛門)脱毛をしておくと、こうした心配をしなくて済むというメリットがあります。

メンズのOライン(肛門)脱毛のデメリット

では、反対にメンズのOライン(肛門)脱毛についてデメリットは何かあるのでしょうか。
男性がOライン(肛門)脱毛を受けるデメリットは、施術を受ける際に恥ずかしい人もいる、施術時に痛みを感じることがあるなどが挙げられますが、その他は特にありません。後ほど、施術時の痛みなどについては詳しく解説します。

メンズのOライン(肛門)医療脱毛の効果・回数

メンズのOライン(肛門)医療脱毛について気になるのが、どれくらい施術を受けると効果があらわれるのか、効果のほどや施術回数です。
Oライン(肛門)医療脱毛は多くの場合5回がセットになっているケースが多く、より効果を実感したい場合はそれ以上の回数、施術を受けることになります。一般的に、Oライン(肛門)医療脱毛を5~10回受けると高い脱毛効果を実感できるでしょう。しかし、つるつるに近いくらい毛をなくしたいという人は、10回以上施術を受ける必要があります。
繰り返しになりますが、Oライン(肛門)は自分自身ではなかなかチェックしづらい場所です。そのため、脱毛を受けるのであればつるつるになるまで施術を受け、蒸れなどの不快感を軽減させると良いでしょう。具体的な施術回数については、肌質や毛質にも大きく左右されるため、施術しながら相談するのがおすすめです。

メンズのOライン(肛門)医療脱毛の痛み

Oライン(肛門)医療脱毛を躊躇する人の多くは、施術時の痛みに抵抗があると言います。Oラインだけでなく、医療脱毛は美容脱毛や自己処理よりも痛みを感じやすい傾向にあるため、痛みに弱い人にとってはためらってしまうでしょう。
般的に、Oライン(肛門)は毛が太い方が多く、皮膚の薄さや黒ずみしやすいなどの特徴があるため、痛みを感じやすいと言われています。毛量や肌質などさまざまな要因に左右されるため個人差はありますが、医療脱毛に使われる脱毛器は常に進化を続けているため、どんどん痛みを感じにくくなっています。
メンズエミナルは、痛みの少ない脱毛器を使っているため、脱毛初心者の人も安心して施術を受けられるというメリットがあります。また、麻酔クリームの提供も可能です。この麻酔は追加料金がかからないため、痛みとあわせて料金面も心配という場合でも、安心してOライン(肛門)医療脱毛を受けられるでしょう。

メンズのOライン(肛門)医療脱毛の料金相場

メンズのOライン(肛門)医療脱毛は、多くの場合VIO脱毛としてセットになっているものと、全身脱毛のセットに含まれているものがあります。
VIO脱毛のみの場合、5回プランが主流になっており、その料金相場は10万~17万円前後になっています。1回のみの単発利用ができるところもありますが、割高になるためあまりおすすめできません。ただ、VIO脱毛のみでなくその他の場所も脱毛したいという人が多いため、一度に多くの場所を施術できる全身脱毛のプランを選ぶ人が多くなっています。
Oライン(肛門)はもちろん、腕やお腹(ギャランドゥ)、すね毛、ヒゲなどあらゆる場所の脱毛をすることができるため、全身脱毛にVIO脱毛がセットになったプランがおすすめです。
VIO脱毛を含む全身脱毛セットプランの場合、料金相場は5回で35万~50万円前後になっており、すべての場所を別々に施術するよりお得になります。料金はもちろん、時間の節約にもなるため、Oライン(肛門)の医療脱毛を検討している場合、すみずみまで脱毛ができる全身脱毛のセットプランを検討すると良いでしょう。

メンズのOライン(肛門)脱毛の準備やアフターケア

基本的に、脱毛を受ける前には自分自身で脱毛箇所のお手入れをします。肌への負担を最小限にし、脱毛器を均一に当てて効果を得るためです。しかし、腕や足などは自己処理しやすいものの、Oライン(肛門)を自分で剃刀を使って処理するのはかなり難しく危険です。
そのため、Oライン(肛門)周りのムダ毛については、電気シェーバーを使ってできる範囲で処理をしておきましょう。電気シェーバーであれば、剃刀のように肌を切ったり傷めたりする心配がなく、安全に処理できます。
また、脱毛を受けた後のアフターケアについては、保湿をして清潔に保つようにします。万が一肌のひりつきや痛み、赤みなどの肌トラブルが発生した際には、すぐに医師が対応するため安心して施術を受けられます。医療脱毛だからこそ、迅速な処置を受けられるのも大きなメリットと言えるでしょう。
メンズエミナルでは、その際にかかった薬剤代や治療費などは追加料金が不要なため、肌トラブルはもちろん料金面でも安心できます。

 

メンズのOライン(肛門)の周辺部位

Oライン(肛門)は自分では見えづらいため、どのあたりにムダ毛が生えているのか、おしりとの境目がわからないという声もあります。
メンズのOライン(肛門)は肛門の粘膜以外すべてを指しますが、産毛など細い毛が生えているおしりとは別の場所です。また、人によってはIラインとつながっているということもあり、相談しながら自然な仕上がりにすることも可能です。
そのため、Oライン(肛門)だけでなく、周辺部位にあたるVラインやIラインも同時に施術し、自然なデザインにしたり、すべてつるつるにしたりする人も増えています。Oライン(肛門)周りのムダ毛をきれいにするのはもちろん、医療脱毛を受けるのであればぜひ周辺部位の脱毛も同時に検討すると良いでしょう。

自己処理や美容脱毛より医療脱毛がおすすめ

Oライン(肛門)は人に見られるのが恥ずかしい部分だからこそ、自分でなんとか自己処理したいという人も多いのではないでしょうか。しかし、Oライン(肛門)はVライン・Iラインに比べて自分でチェックするのが難しく、毛抜きや剃刀を使っての自己処理はリスクが高い場所です。肌を傷つけてしまうと病院を受診しなければならない事態になる可能性もあるため、やはり医療脱毛できちんと処理してもらいましょう。
また、Oライン(肛門)の脱毛は美容脱毛よりも医療脱毛がおすすめです。その理由として、万が一の肌トラブルが起こった際、医師にすぐ対応してもらえることが挙げられます。美容脱毛も提携するクリニックなどで診察してもらえますが、医療脱毛のほうが安心感は大きいと言えるでしょう。

まとめ

Oライン(肛門)の医療脱毛は、施術を受けるのが恥ずかしいという人も多い場所です。しかし、自分でなかなか見えない場所だからこそ、あらかじめ医療脱毛を受けてきれいにしておくのがおすすめです。
新型の脱毛器を導入しているメンズエミナルなら痛みも少なく、万が一の肌トラブル発生時にもすぐに対処してもらえるという安心感も大きなメリットです。デリケートゾーンを清潔に保てるOライン(肛門)の医療脱毛、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

※このコラムは一般的な脱毛についての内容を掲載しています。当院の内容と若干の違いがある可能性がございますのでご了承ください。

女性の医療脱毛ならエミナルクリニック

男性のAGA治療もエミナル

無料カウンセリング予約
  • マイページ
  • クリニック一覧